これから始める方へ

TOPこれから始める方へ > スクール選びのポイント

スクール選びのポイント

ダイビングスクール選びのポイント

もちろん、私達は当店をお選びいただくことが、一番いいと思っています。
でも、それがどうしてかは、わかりにくいですよね。
そこで、ダイビングスクール選びのポイントをいくつかあげてみることにします。
まず、ダイビングを始めるにあたってもっとも大切なことは、講習を受けて、「Cカードを取得したら終わり」ではないということ。
ダイバーになって、実際にダイビングを楽しむために講習があるのです。
にもかかわらず、講習を受けてそれっきり・・・というダイバーが意外と多いのが実情です。
その理由の大半は、お店の選び方にあります。
ダイビングスクールをどこで受けるかは、今後のダイビングライフに大きく左右します。

どんな場所のスクールを選べばいいのか

ダイビング講習を行っている場所は、大きく分けると次の3つ。

1.ダイビングスポットにあるダイビングサービス(ツアーにセットになったものも含む)

2.フィットネスクラブ内に設置されたダイビング部門

3.街に店舗を構えるダイビングプロショップ(いわゆる都市型ショップ)

教習所や資格専門学校のように資格を取るためだけなら、それほど難しくありません。
ダイビングは、3日間の講習で潜れるように指導しますが、それだけでは、「どこで潜ってもちゃんと潜れるんだろうか?」「初心者の私が行っても受け入れてもらえるんだろうか?」とまだまだ海への不安はなくなりません。そこが違うところです。

ライセンスの取得にかかる時間や費用も重要ですが、ダイビングのことはもちろん、器材のこと、ダイビングスポットのこと等々、ライセンス取得後も相談事や心配は多いもの。
残念ながら、海外や沖縄などのリゾートでは講習後のケアは距離的な問題から難しい。
結果的に期間が空くとますます不安は大きくなって、ダイビング自体をあきらめてしまう。
講習を受けてそれっきり・・・というケースが一番多いのがこのタイプです。

また、フィットネスクラブのダイビング部門は大手の経営でなされているところが多く、一見間違いが無いように思われますが、スタッフの移動も激しく、相談がしにくい状況になったり、また、講習後のダイビング料金が高額で長続きしないなどの難点があります。

最後に、都市型ショップですが、都市型ショップの多くは、オーナー自身がダイバーであり、また、一カ所のダイビングスポットに従事しているわけではないので、世界各地のダイビング事情をよく知っていること。
ダイビング受講後のダイビングライフを考えると、身近に相談に応じ 、いつまでもスキルチェックをしてくれるメリットがあります。

では、都市型ショップのどこにしたらいいか

さて、ここからが重要です。広告やホームページを見てもどこも同じようで、よくわからず、結局料金とか規模で決めてしまうと、失敗してしまうことがよくあります。
では、なにを基準に選べばいいのか。いくつかのポイントを掲げます。

講習料金は、結局総額でいくらかかるのか?
「キャンペーン価格!講習費○○○円!」というキャッチコピー。
実際に何が含まれていて何が別料金なのか?よくわかりません。
海洋実習費は別、とか宿泊費、送迎費など。
結局総額でいくらかかるのかを事前に確認しましょう。
また、講習後に器材を購入をしつこく薦めるところもあります。
量販店で購入してもOKか?もし購入すると一式でいくらで買えるのか?
ということを事前に確認して下さい。
講習費の極端なディスカウントは、必ず裏があります。
講習費総額60,000円前後、ダイビング器材一式で、30万~40万円が相場です。
クラブドゥは
すべての料金をホームページに明記。
表示金額以外に請求するものはありません。
また器材の購入も自由ですし、価格は量販店やネットよりも格安です。
インターナショナルの潜水団体が発行するCカードか?
まず自分のもらえる認定証がどの団体のものか確認しましょう。
SSI、PADIなどインターナショナルな潜水団体であることが大事です。
インターナショナルを謳いながら、実は日本独自のカードであったり、海外では使えないことがあります。
クラブドゥは
世界的な潜水団体、「SSI」のスクールです。
インストラクター1人に対して受講生の数はどうか?
講習の時、ひとりのインストラクターが何人の講習生を受け持つかということです。
若くて体力にも泳ぎにも自信のある人は少々受講生の数が多くてもへっちゃら、なんてのもありますが、人数が多いと安全面に問題がでてきますし、なにより、ひとり当たりの受講時間が少なくて、ペースについていけないことがおこりやすくなります。
ひとりのインストラクターに対して最大でも4人までが安全ラインと思います。
クラブドゥは
最大2名までを徹底した少人数制です。
講習日数は3日間またはそれ以上か?
大半の潜水団体の実技講習基準は、プール講習+海洋実習4ダイブ(または5ダイブ)です。
プールでほとんどのスキルを学び、海洋で繰り返し練習する。
これを満足に受講者がクリアするには最低3日かかります。
最近は経費を低く抑えるため、無理やり2日間の強行日程を組むショップもけっこうあります。
クラブドゥは
ゆったりしっかり取得できる3日間の受講カリキュラムです。
講習後のダイビングやツアー料金は高額でないか?
もうひとつ大事なのが、講習後のダイビング費用。
講習費と器材代だけでも大きな出費なのにその後のダイビング費用まで回らない、だから潜りに行けない、なんてのは悲劇です。
ショップのファンダイブやダイビングツアーはスタッフがツアー中もずっとサポートしてくれるので、安心な反面、同行するためにどうしても料金が高くなりがちです。
ダイビング雑誌やホームページなどを参考にして、その料金が極端に高額でないか確認しましょう。
クラブドゥは
現地サービスなみの料金システム。しかも現地まで無料送迎つきです。
比較的年齢の高い層のダイバーも定着しているか?
リピーターが多いということは、信頼の証です。
若い方だけでなく、年齢層の高いダイバーが定着しているところは、幅広いアフターケアがしっかりしているという証拠にもなります。
お店に足を運んで雰囲気などをしっかり確認しましょう。
クラブドゥは
リピーター率、継続率の高さが実はクラブドゥの一番の自慢です。