これから始める方へ

TOPこれから始める方へ > シニアのみなさまへ

シニアのみなさまへ

ダイビングは、中高年の方に最適なスポーツです。

ダイビングは、中高年の方に最適なスポーツです。

ここ数年、年を追うごとにシニアのお客様が増えています。
それは、ご年配の方にもスキューバダイビングが決して遠いものではなく、むしろ最適な趣味であることが浸透してきたことだと思います。
その理由ははっきりしています。以下の説明をみればきっとご納得されることと思います。
クラブドゥダイビングセンターは身障者ダイビングの指導をはじめ、体力のないかたが安心して楽しめるやさしいダイビングスタイルを確立しています。
スキューバダイビングは長く続けられる新しい趣味に必ずなります。

体力をさほど必要としないこと

ダイビングは他のスポーツと違うところは、男性よりも女性のほうが多いということです。
それは、水中が無重力の世界であることに関わりがあります。水泳のように必死で泳ぐ必要がありません。
ゆったりフィン(足ひれ)を蹴れば、スーッと進みます。また常に呼吸が確保されているので息継ぎの必要もありません。身障者のダイビングが発達してきたのも同様の理由からです。
水中にいると、散歩程度の運動で楽しむことができるのです。

勝負を競うスポーツではないこと

勝負を競うスポーツではないこと

「ダイビングは、近くの小山に夕陽が沈むの見るためにをみんなでハイキングに行くようなもの」と説明することがあります。
そこには上手い下手、早い遅いはありません。
そこには子供達と一緒に夕陽を眺める。という目的があるだけです。
ダイビングも年齢に関係なく、海中の綺麗で神秘的な風景を一緒に見に行くというのが目的です。
勝負を争わないので、マイペースで楽しめる理由はここにあります。

もともと年齢層が高いスポーツであったこと

ダイビングは器材に頼るスポーツであり、他のスポーツに比べて、費用がかかるのは事実です。
ある程度生活が安定していないとダイビングを続けることができません。
そういう理由から、もともとダイビングは年齢層が高いスポーツでした。
そのため、ダイバー達は年齢にこだわりがありません。
むしろ高齢でダイビングをされておられることに尊敬の気持ちを抱くほどです。

ダイビングはリラクゼーションの世界であること

ダイビングはリラクゼーションの世界であること

水中にいると何もかも忘れて没頭することができると言われます。
だからこそダイビングは一度始めるとどんどん潜りたくなるとも言います。それは、私達が誕生する前、母の羊水のなかで眠っている記憶が呼び戻されるからだという人もいます。
いずれにしろ無重力の世界で、浮きも沈みもせずただよえるダイビングがリラクゼーションの世界であることは間違いありません。
とにかくホッとするのです。