ダイバーズコラム

TOPダイバーズコラム > 串本の海について

串本の海について

串本の海とは?

本州最南端の串本は、ダイビングポイントとして日本で人気の高い海域です。

クラブドゥがダイビングの本拠地を白浜や田辺よりさらに遠くにある、本州では唯一の「亜熱帯地域」に分布されている串本にしているのには深いワケがあります。

第一に世界最大の暖流「黒潮」が本州では串本に最も接近しているため、水温は17~28℃と暖かい環境にあること。

第二に串本の海は、沖縄に匹敵するような造礁サンゴや様々な南方の熱帯魚たちが生息するカラフルでトロピカルな海中世界が堪能できること。

サンゴの多くは串本を北限として、最も大規模なサンゴの群落が沿岸域に分布しており、2005年11月には、国際的に重要な湿地や浅瀬の保護と有効利用に 関する条約、「ラムサール条約」の登録を受け、その価値と特異性を世界的に認められました!(ラムサール条約詳細情報→串本町HP)

安心して受講いただけます。

ダイビングエリア概略図

ポイント分布図

串本で年間を通して観察される生き物は非常に多く、調査確認されているその数はなんと700種にもなります。これは伊豆などを代表とする温帯の海と、沖縄などの熱帯の海とのちょうど「中間」に位置しているためで、串本の海はこの両者の性質を併せ持った海と言うことが出来ます。

カゴカキダイの大群、レンテンヤッコ、ブリの群れ、また、チョウチョウウオの大群、アザハタとキンメモドキの群れ、サンゴの産卵、などなどが、同じ海域で見られるというのはその良い例で、こんな海は他には滅多に無いはずです。

そして黒潮の接岸傾向が強い年には、水温と透視度は比較的安定して、串本を訪れる生き物の数は倍増します。このような年には、外洋ではカンパチ、ブリ、サメ、マンボウなどの回遊魚をはじめ、ボートの移動中にオキゴンドウやバンドウイルカなどの鯨類が現れることがあり、内海ではチョウチョウウオ類、ベラ類、などの南方種の種類やその幼魚たちの数がかなり多くなり、海中はとても賑やかになります。

また広い視点から見れば、潮岬を境界とする東側と西側とでは、傾向として温帯(東)と亜熱帯(西)の海が比較、体現されている事柄が多く、車でわずか数分の移動でその違いを体験することが出来るというのも、串本の海域の特色の1つです。

本州最南端、黒潮サンゴの町串本へ是非遊びに来て下さい。

串本生き物カレンダー

一年間の海の変化です。

【 通年種たち 】
レンテンヤッコ、カゴカキダイ群れ、アザハタ and クロホシイシモチ群れ、ゼブラガニ、クダゴンベ、
ネジリンボウ、ジョーフィッシュ、イソコンペイトウガニ、キンチャクガニ、タテジマキンチャクダイ、
オオモニザリウオ、アジアコショウダイ、ミナミギンポ、テングダイ、オキナワベニハゼ、アオスジテンジクダイ、フリソデエビ、ケラマハナダイ、ヘラヤガ ラ、ハタタテハゼ、アカヒメジ群れ、サザナミヤッコ、ネッタイミノカサゴ、イロイザイウオ、カンパチ、ハダカオコゼ、セミエビ、ミミイカ、スザクサラサエビ