ダイバーの方へ

TOPダイバーの方へ > スペシャルティコース

スペシャルティコース

ダイビングの幅を拡げるスペシャルティコース

ダイビングの幅を拡げるスペシャルティコース

SSI のスペシャルティコースはこの先さまざまなポイントでダイビングをするときに必要となる知識やテクニックを、実際にファンダイビングを楽しみながら学ぶ実践的なコース。
あなたの「知識の輪」をひろげて、水中世界の楽しさを思いっきり体感しよう。
コース料金はこちら

オープンウォーター認定後のレベルアップ基本コース

ボートダイビング ボートダイビング

全世界のダイビングの約90%はボートからのダイビングです。
まずこのボートダイビングスペシャルティを受講しましょう。
ボートでの手順とマナー、18mまでの水深を実際に経験します。

中性浮力 中性浮力

水中で快適に過ごすための中性浮力のコツを伝授します。
中性浮力が取れていないと、水底に落ちてサンゴを壊したり、水底生物を蹴って傷つけてしまいます。
積極的な環境保護はダイバーとしてのマナーです。

ディープ ディープ

通常のダイビング(水深30m)より深い水深(40m)まで潜る為のトレーニング。
深い場所でのリスクや計画の立て方などを学びます。
当店では深いポイントで潜るには必ず受講していただきます。

コンピュータ コンピュータ

ダイビングコンピュータの使い方を理解することが自立への第一歩です。
コンピュータの適切な使い方を学ぶことによって 減圧症を避けながらダイビングを楽しむことができるようになります。

アドバンスドオープンウォーター認定までに取得を推奨するコース

ナビゲーション ナビゲーション

コンパスの詳しい使い方を学び、自分達でコースを決めて実際にビーチでバディダイビングをします。
自分達でダイビングするためには必ず必要になるスキルです。

ナイト&視界不良 ナイト&視界不良

ナイトダイビングや、視界が悪いところでも安全に楽しむためのコース。
夜にしか見れない生物達を見に行きましょう!

器材テクニック 器材テクニック

自分の器材を持ってるけど、各部機能の使い方を理解していない人も多いです。
器材の詳しい使い方や長持ちさせるコツなどを教えます。
器材を持ったら必ず受講を。

マスターダイバー認定までに取得を推奨するコース

波・潮・カレント 波・潮・カレント

カレントに向かってダイバーが泳ぐなら、どのくらいの潮流に対応できるのでしょうか。
ダイバーはどのように有効に潮流を利用できるか。
誰が、どのように潮流の強さを測定するのか、それに従った潜水計画の立て方はどのようにするのか。
波・潮・カレントスペシャルティは、これらの質問にすべてに答えてくれます。

ナイトロックス ナイトロックス

エンリッチドエア・ナイトロックス・プログラムでは、ナイトロックスを使用して計画をすること、そして安全な方法でナイトロックスダイブを行う規則を学びます。
全体のプログラムにおける重要な課題に、ナイトロックスダイブの前に自分自身のタンクを分析をすることも含まれています。

水中ナチュラリスト(環境保全) 水中ナチュラリスト(環境保全)

水中清掃、オニヒトデなどの駆除、サンゴ再生プロジェクトなど 水中環境の保全の方法を習得します。
清掃活動に参加するためには必須のコースです。

サーチ&リカバリー サーチ&リカバリー

ロープとコンパスを使った水中での捜索方法や、水中に沈んでる物を引揚げる方法を学びます。
水中清掃活動などで大いに役立つスキルです。

バディダイブテクニック バディダイブテクニック

ガイドなしでバディでダイビングを安全に楽しむ方法を学びます。
クラブドゥではバディダイビングを推奨しており、 コース取得者は海外同様串本でバディダイブが楽しめます。

ストレス&レスキュー ストレス&レスキュー

「もし水中でバディがパニックを起こしたら?」あなたやバディのストレス発生原因と予防法を知り、万が一の事故の際に対応できるように学びます。

リアクトライト一般救急 リアクトライト一般救急

あなたの大切な人が突然倒れたら・・
そんな時に適切に対処できるようにするためのコース。
一般救急法、AEDの使い方、酸素供給の手順を学びます。

ダイビングの楽しみの幅がさらに拡がるスペシャルティ

ドライスーツダイビング ドライスーツダイビング

串本の一番透明度がのよいのは実は秋以降。
寒い風が吹いてもドライスーツダイビングなら快適に楽しめます。
ドライスーツを使いこなすコツがわかります。

フォト&ビデオテクニック フォト&ビデオテクニック

ダイビングを始めたなら、キレイな魚や景色を残しておきたいもの!水中で写真撮影するための入門コースです。
実際に撮影しながら、取り扱い方・撮影方法を学びます。

ダイビングサイエンス ダイビングサイエンス

オープンウォーターコースの知識をさらにグレードアップ
潜水物理や生理学、海洋の知識や海の生き物などを詳しく学びます。
プロレベルの認定には必須のコースです。