ダイバーの方へ

TOPダイバーの方へ > プロフェッショナルコース

プロフェッショナルコース

しっかり上達ステップアップコース

一般ダイバー向けも加わって新登場

マスターダイバーからインストラクターまで、目的別に選べます。
月額固定料金で、気軽にたくさん潜れる分だけみるみるうちにダイビングがうまくなります。

ステップアップセット コース内容と料金

コース別内容 コース料
教材・申請料・講習費
(ダイビングフィ除く)
ダイブリーダー
(プロガイド資格)
インストラクター
(ダイバー認定資格)
レベルアップコース費用
ディープダイビング(DD) 12,000円
ナビゲーション(NV) 12,000円
ナイト&視界不良(LV) 12,000円
ドライスーツ(DRV) 12,000円
器材テクニック(ET) 12,000円
ナイトロックス(EAN) 12,000円
サーチ&リカバリー(REC) 12,000円
リアクトライト(一般救急・AED・酸素供給)(RR) 15,000円
ストレス&レスキュー(SR) 19,000円
ダイビングサイエンス(SOD) 14,000円
ダイブリーダー(プロフェッショナルレベル)コース
ダイブガイド(DG)+ダイブマスター(DM) 100,000円
ダイブコントロールスペシャリスト(DCS) 120,000円 ×
インストラクター(ITC)+最終試験料 280,000円 ×
レベルアップコース合計 一般料金 232,000円 632,000円
セット料金 196,000円 477,000円
ダイビング料金
1ダイブあたりの料金(通常 7,000円) 5,000円 4,500円
セットに含まれるダイブ数 40DIVES 70DIVES
ダイビング料金合計 一般料金 280,000円 490,000円
セット料金 200,000円 315,000円
レベルアップコースの総費用
コース料金総合計(レベルアップ料金+ダイビング料金) 一般料金 512,000円 1,122,000円
セット料金 396,000円 792,000円
月額固定料金 22,000円×18 33,000円×24
一括払(スルガ銀行ローン含む)によるポイント還元 15,000P 30,000P
コース期間中の串本宿泊(1泊料金)
通常2,800円
2,000円 2,000円

上記費用に含まれないもの

受講に必要なダイビング器材/現地(串本)宿泊費、昼食・夕食代/メンバーズクラブ運営協賛金/旅行傷害保険料/コースに含まれないスペシャルティ/年会費、賠償責任保険費(ダイブリーダー・インストラクターの場合)/不合格時の再講習及び再試験料/ダイブリーダー認定後の潜水士取得費用

ステップアップコースの注意点

●ダイビングフィ割引は串本のダイビングに限ります。ツアーなど串本以外のダイビングの場合には利用できません。
●宿泊は、スタッフと同室になることがあります。
●ダイブリーダー・インストラクターコース生は、シリンダー移動、食事の準備などスタッフのサポートをお願いします。
●ダイブリーダー・インストラクターコース生は、串本往復の際、指定のポロシャツ着用をお願いします。(ポロシャツは無料支給)
●申込には一定の審査があります。また加入したあとでもコース生としてふさわしくないと判断した時は、解約することがあります。
●中途解約の場合、未消化のダイビング費は返金いたします。コース費は返金できません。

ダイブコントロールスペシャリスト

将来インストラクターを目指すかたに必須のコース

ダイブコントロールスペシャリスト

ダイブコントロールスペシャリストに認定されると、オープンウォーター講習の学科やプール実習で直接指導ができ、認定ダイバーへのアップデートプログラムも行えます。
またインストラクタートレーニングコースに参加することができます。

【認定条件】
■満18才以上
■受講にふさわしい自己器材を保有している
■ダイビングを許可された1年以内の健康診断書
■75回以上の海洋でのスクーバダイビングのログ記録がある
■アクティブなダイブマスターあるいは同等資格の認定がある
■現在有効なファーストエイド、CPR、DAN酸素プロバイダーの資格がある
■ダイブコントロールスペシャリストコースに合格する

オープンウォーターインストラクター

ダイビングの業界で仕事がしたい方のコース

オープンウォーターインストラクター

ダイビングの業界で仕事がしたいかたはもちろん、仕事を持ちながら非常勤として週末などにダイバーを育てる活動がしたいかたはインストラクター資格の取得を目指しましょう。
インストラクターに認定されると、オープンウォーターダイバー、ストレス&レスキュープログラム、中性浮力プログラムの講習と認定ができ、また体験ダイビングも行えます。

【認定条件】
■満18才以上
■受講にふさわしい自己器材を保有している
■ダイビングを許可された1年以内の健康診断書
■100回以上の海洋でのスクーバダイビングのログ記録がある
■アクティブなダイブコントロールスペシャリストあるいは同等資格の認定がある
■現在有効なファーストエイド、CPR、DAN酸素プロバイダーの資格がある
■インストラクタートレーニングコースに合格後、インストラクターエヴァリュエイション(最終試験)に合格する